言語切り替え

【シンキングWスイッシャー】使うべき時と場所

How-To 今日の出来事

スポンサーリンク

noteの記事にコメントを頂きましたので、返信させて頂きました。

しんさん、コメントありがとございました。

質問 2022年3月15日 02:02

長谷川さんに質問なのですが、こういったシンキングスイッシャーなどは主にアフターなどにオススメなどを聴くのですか、個人的には早春の時期に効くのではないか?とも思いました。個人的な理由としては私の通うフィールドは河川のステイン~マッディの水質のフィールドです。腕もありますが、ミドストなどを試すもイマイチ。そこでシンキングスイッシャーだとペラのすり切り音とある程度サイズもあるけど中層をゆっくり引けてバスが気づきやすいのかなとも思います。私の考えはどうでしょうか?お答え頂ければ幸いです。

私の返答

しんさんコメントありがとうございます。
シンキングスイッシャーはシーズナブル的にはオールシーズン使えます。

一番近い要素的に近いルアーを例えるならジャークベイトのジャーキング時の要素です。

ジャークベイトが有効なタイミングと考えるとイメージが湧きやすいのではないでしょうか。

そんなタイミングにおいて、ジャークベイトが使用できないシュチエーションを思いついてください。

そこにこそシンキングWスイッシャーを投入するべきなのです。

質問の答えになっているかわかりませんが、参考にしてい頂ければ幸いです。

コレが究極の回転系! STEEZプロップ85|Ultimate BASS by DAIWA Vol.259
長谷川耕司×遠賀川 陸っぱりで魅せる!STEEZプロップ70の攻略|Ultimate BASS by DAIWA Vol.414
FLASHPOINT ONLINE SHOP https://flashpointonlineshop.com/
長谷川耕司
この記事を書いた人

サラリーマンで釣行できる日数に不満を持ち会社を辞める。その後一度も就職することなく23年。ずっとブラックバスを追い求めてます。現在はルアーメーカーと琵琶湖ガイドサービス、また釣り具メーカーのプロモーションスタッフなどをしております。

長谷川 耕司をフォローする
スポンサーリンク
長谷川 耕司をフォローする
スポンサーリンク
ジーコブログ