言語切り替え

【2021DAIWA新製品】今年のベイトリールは「飛び」だけに注目してはいけない。

インプレ YouTube

STEEZ LIMITED SV TW DEBUT!|Ultimate BASS by DAIWA Vol.290

STEEZ LIMITED SV TW DEBUT!|Ultimate BASS by DAIWA Vol.290

2021年DAIWA新製品ベイトリール、スティーズリミテッドのPVが昨夜公開されました。

新構造のブレーキシステム「SVブースト」は簡単に言うと

キャスト中のバックラッシュ制御を今まで一段階のオートマチックを2段階のオートマッチックに進化させた機構。

キャスト直後のバックラッシュを制御した後、徐々にブレーキ力を弱め飛距離を伸ばしていた現状のSVシステムが2段階でスプールの回転をコントロールしています。

これは、キャスト直後の初速段階とキャスト後半のスプール回転力の違いをより効果的に制御するため、二つのブレーキを搭載したシステムと言えます。

私もテストキャストしましたが、後半の伸びを実感することが出来ました。

ただ、実釣で常用的には使用してはいないので、現場で使い込んだ時にどこまでこの性能を発揮し続けてくれるかがキーだと思います。

注目すべき点は「飛び」だけではない!

このリールや先日発表があったNEWジリオンにも搭載さている「ハイパードライブデジギア」にも私は注目しています。

テストキャストでは、抵抗のあるハードルアーをギア比7.1(巻き取り75㎝)でリトリーブしてみましたが、ハイギアとは思えないほどハンドルを軽く巻くことが出来たことに一番驚きました。

「飛び」だけではなく、実は「巻き」も大きく進化しています。

なお発売はどちらも12月となっております。

 

スペックの詳細はメーカーサイトにて公開されております。

↓DAIWA公式サイト

2021 ZILLION SV TW

2021 スティーズ LTD SV TW

 

【FLASH POINT ONLINE SHOP】 https://flashpointonlineshop.com/

【オンラインサロンBOREASルアー研究所】 https://www.facebook.com/groups/borea…

【長谷川耕司Instagram】 https://www.instagram.com/koji_hasega…

【長谷川耕司Facebook Page】 https://m.facebook.com/hasegawaboreas

 

 

長谷川耕司
この記事を書いた人

サラリーマンで釣行できる日数に不満を持ち会社を辞める。その後一度も就職することなく23年。ずっとブラックバスを追い求めてます。現在はルアーメーカーと琵琶湖ガイドサービス、また釣り具メーカーのプロモーションスタッフなどをしております。

長谷川 耕司をフォローする
スポンサーリンク
長谷川 耕司をフォローする
スポンサーリンク
琵琶湖ガイドジーコ長谷川blog