言語切り替え

何故ピンクは釣れるのか答えます!保護色が消えたらどうなる?

How-To

長谷川耕司のnoteより

(画像はジョインテッドクロー178 長谷川ピンクver.3)

実はピンクは自然界の中に多く存在していると思う。

例えば、ヒトの体。

肌の色って見方によってはピンクに見える。

ヒトの急所と言われる場所にもピンクは存在している。

保護色と言うのは、自分を保護するための生き物の色。

画像1

ヒトの保護色は毛で、進化の過程で依をまとうようになり、保護色の毛はどんどんと退化したと思われる。

ヒトにまだ毛が多く残っている部分を想像してみると、その全てが急所にあたる。

ヒトのほとんどの毛は退化したが、急所にはまだしっかり残っているんだと想像できる。

画像2

ヒト意外の生き物にはまだ保護色が残されている。

動物や魚など、様々な保護色で敵から身を守ろうとしている。

この保護色が突然変異により消えてしまった個体のことを「アルビノ種」と言う。

多くの人が知っているアルビノ種の代表と言えば、「ウーパールーパー」

このウーパールーパーはピンクだと言えませんか?

画像3

ウーパールーパーはサンショウウオの一種で通常は

保護色があり焦げ茶色です。

突然変異のアルビノ種を品種改良により固定化して人為的に作られています。

自然界ではこの様にいくつかの種が突然変異によってアルビノが誕生しています。(人にもあるようです)

自然界でこのアルビノ種が大きく成長する可能性は非常に低いそうです。

それは、外敵に、襲われる可能性が高くなるからです。

画像4

確かに目立つと言えますが、もうひとつはピンクだからだと思うのです。

ピンク=血液の透けた色

生き物はこの体内の色を極力露出しないようしていると思います。

この色を自然界で露出することは敵に教われる可能性が高くなってしまうからです。

この事から考えると、ルアーのカラーをピンクにすることの効果を理解できませんか?

画像5

これは、ピンクと言うカラーを長く使って来た中で何故ピンクが釣れるのか?を考えいてたどり着いたひとつの答えです。

これを聞いたらピンクのルアー釣れる気してきませんか?

是非ピンクのルアー試して見てください。

☆会員募集中!サロンでフィッシング交流を広めましょう!オフ会定期開催中!
【月額制オンラインサロン「BOREASルアー研究所」】
https://www.facebook.com/groups/boreaslurekenkyujo

☆ボレアスオリジナルアパレルからオリジナルカラー長谷川ピンク各種製品など販売中!
【FLASH POINT On-line Shop】
https://flashpointonlineshop.com/

☆バス釣りに関する情報を動画で配信中
【YouTubeジーコチャンネル

https://www.youtube.com/user/kkoojjii100

☆ルアーの使用法や解説、バスフィッシングに関するコラムを日々更新中!
【長谷川耕司note】
https://note.com/koji_hasegawa

【長谷川耕司Instagram】
https://www.instagram.com/koji_hasegawa0726

【長谷川耕司Facebook Pege】
https://m.facebook.com/hasegawaboreas

長谷川耕司
この記事を書いた人

サラリーマンで釣行できる日数に不満を持ち会社を辞める。その後一度も就職することなく23年。ずっとブラックバスを追い求めてます。現在はルアーメーカーと琵琶湖ガイドサービス、また釣り具メーカーのプロモーションスタッフなどをしております。

長谷川 耕司をフォローする
スポンサーリンク
長谷川 耕司をフォローする
スポンサーリンク
琵琶湖ガイド長谷川耕司のblog