言語切り替え

自重135g 2020DAIWAベイトリールの目玉 スティーズ Air-TW

ジーコのタックルインプレ

長谷川耕司のnoteより

画像1

スティーズAir-TW2020年1月発売予定

遂にこのモデル、Airがフルモデルチェンジですね!

T3Airからようやくです。

待ち望んでいた方も多いのではないでしょうか?

私は一足先に使用しました。

その時実際に魚もキャッチしました!

その印象は、とにかくコンパクトで軽い。

画像2

あのコンパクトなSTEEZ CTと比べても小さい!

自重はなんと135g

スプール径は28ミリでG1ジュラルミン製。
ギア比は6.3と9.1の2つがラインナップ。

画像3

琵琶湖ボートでは私はあまり必要性感じないですけどね。

超軽量ルアーを多様するアングラーは注目しているアイテムです。

数グラムのスモラバや超軽量バードルアーがスピニングリールよりも遠くへ飛ばせるからです。

Airの凄いのはスピニングリールよりも遠くへ飛ばせるだけでなく、低弾道で飛ばせる所です。

それにベイトキャスティングリールのコントロール性能とて返しが加わるとなると、それは魅力的なリールとなる訳です。

私も来年行きたいと思っている琵琶湖以外のフィールドで使用するのが楽しみです。

 

 

☆会員募集中!サロンでフィッシング交流を広めましょう!オフ会定期開催中!
【月額制オンラインサロン「BOREASルアー研究所」】
https://www.facebook.com/groups/boreaslurekenkyujo

☆ボレアスオリジナルアパレルからオリジナルカラー長谷川ピンク各種製品など販売中!
【FLASH POINT On-line Shop】
https://flashpointonlineshop.com/

☆バス釣りに関する情報を動画で配信中
【YouTubeジーコチャンネル

https://www.youtube.com/user/kkoojjii100

☆ルアーの使用法や解説、バスフィッシングに関するコラムを日々更新中!
【長谷川耕司note】
https://note.com/koji_hasegawa

【長谷川耕司Instagram】
https://www.instagram.com/koji_hasegawa0726

【長谷川耕司Facebook】
https://m.facebook.com/hasegawaboreas

長谷川耕司
この記事を書いた人

サラリーマンで釣行できる日数に不満を持ち会社を辞める。その後一度も就職することなく23年。ずっとブラックバスを追い求めてます。現在はルアーメーカーと琵琶湖ガイドサービス、また釣り具メーカーのプロモーションスタッフなどをしております。

Koji Hasegawaをフォローする
スポンサーリンク
Koji Hasegawaをフォローする
スポンサーリンク
琵琶湖ガイド長谷川耕司のblog