言語切り替え

釣りする常識変わる。

インプレ

 

コンパクトロッドの常識が変わった。

コンパクトロッドに良いイメージないですよね。

コンパクト差と言うメリット以外に、重い、バイトが取りにくい、アクションが柔らかすぎるといったデメリットが思い浮かぶのは私もそうです。

しかし、それが現在のブランクス製造と継の技術によって完全に覆ることになりました。

ロッドのテーパーによってはデメリットと思われた部分がメリットへと変化しています。

コンパックとロッドの常識は完全に変わったのです。

詳細は下記の動画をご覧いただくと分かりやすいかと思います。

長谷川耕司 meets BLACK LABEL TRAVEL|Ultimate BASS by DAIWA Vol.430

このロッドの存在により、ハイレベルな釣りがより隙間的な時間で可能となります。

ちょっとしたお出かけの際に、忍ばせる。

スーツケースは入るサイズなので「もしかしたら釣りができるかもしれない」そんなタイミングに備えることが可能です。

今までですと、「コンパクトロッドで釣りをするくらいなら、わざわざしたくない・・・」

こうなりがちですが、このロッドなら感覚が違って来ます。

更に隙間時間ならではの釣りっていうの考えられます。

いつもと違った感じで、気分転換的にロッドを振るってのもいいものです。

リュックにちょっとしたキャンプ用品と釣り具を詰め込み、ふらっとフィールドに出かけるようなこともしやすいと思います。

色々なシーンで、いざとなれば本格的なフィッシングスタイルで釣りか楽しめると思えることは釣り人にとってまたひとつ日常を彩どることに繋がるのではないでしょうか?

このコンパクトロッド「ブラックレーベルトラベル」から釣りの常識が変わるかもしれません。

 

FLASHPOINT ONLINE SHOP https://flashpointonlineshop.com/
長谷川耕司
この記事を書いた人

サラリーマンで釣行できる日数に不満を持ち会社を辞める。その後一度も就職することなく23年。ずっとブラックバスを追い求めてます。現在はルアーメーカーと琵琶湖ガイドサービス、また釣り具メーカーのプロモーションスタッフなどをしております。

長谷川 耕司をフォローする
スポンサーリンク
長谷川 耕司をフォローする
スポンサーリンク
ジーコブログ