言語切り替え

鬼(ジョイクロ)に金棒(スピナべ)な巻物ローテーション!?

ジーコのタックルインプレ ジーコ的考察 YouTube

継続中!「俺スピナーベイトに嵌るかも?」

またまたナイスな1匹をスピナーベイトでキャッチすることが出来ました。

ルアーはウォーイーグルスピナーベイト(War Eagle Custom Bait )3/4oz

早巻きによるリトリーブにてキャッチしました。

北湖のシャローウィードにて表層を早巻き。

ウィードエッジから食い上げてくるのが丸見えのバイトに大満足なナイスフィッシュです。

ここ最近のスピナベイトでの釣果映像とルアーの解説をYouTubeでも紹介しています。
琵琶湖北湖で注目しているルアーの秘密を公開します!【琵琶湖北湖ガイド歴24年】

バスを浮かせる釣り=ジョイクロとの相関係

スピナーベイトの特徴の一つとして、使い方によってはバスを浮かせる能力が高いことが言えると思います。

私がジョインテッドクローなどスローリトリーブで狙うビッグベイト系の釣りをするときに意識していることは、「バスを浮かす」と言うことです。

ルアーに反応させて、バスを浮かすことによって口を使わせにくいバスにも口を使わすことが出来るのです。

ジョインテッドクローとは少しアプローチは変わりますが基本は一緒で、スピナーベイトにもこれと同じような原理でバスを誘うことが出来ると思っています。

ジョインテッドクローのようなスローリトリーブで狙う時のメリットはより深いレンジからバスを浮かせて口を使わすことが出来たり、バスの活性がスローな状態であってもバスをバイトさせることが出来る可能性が高いところです。

逆にこのような釣りでのデメリットとは、スローリトリーブに反応が悪い、濁りやストラクチャーの影によってルアー存在感をアピールできない。強風にや流れによってアプローチが崩されやすいといったことが挙げられます。

このジョインテッドクローが苦手とする状況に対して、真逆でメリットとして言えることが出来るのがスピナーベイトです。

鬼に金棒か!?

鬼=ジョインテッドクロー

金棒=スピナーベイト

以前にもこのブログ内で書きましたがジョインテッドクローとスピナーベイトの釣りは

ルアーローテーションさせる効果が非常に高い相関性があると考えています。

あなたのその「タダ巻き」大丈夫ですか?

そしてまたこの二つのルアーを使用する時に基本となる共通点は「タダ巻き」です。

この「タダ巻き」にも重大な基本があり、ただ巻いているだけではありません。

基本が出来ている人とそうでない人では釣果に大きな差が出てしまいます。

特に「ただ巻くだけ」と捉えがちなので、問題意識に繋がらずダメなままで釣りを続けてしまっている人も多いような気がします。

あなたのタダ巻きは大丈夫ですか?

またこのタダ巻きに関してもこのブログで詳しくお話したいと思います。

 

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。

ここで紹介したウォーイーグルスピナーベイトは、私が運営するショッピングカートでも販売しております。使ってみようと思った方がこのカートを利用して頂けると私もより一層嬉しく思いますので、是非ご利用をお待ちしております。

FLASHPOINTオンラインショップ https://flashpointonlineshop.com/

ウォーイーグルの販売はこちら

長谷川耕司
この記事を書いた人

サラリーマンで釣行できる日数に不満を持ち会社を辞める。その後一度も就職することなく23年。ずっとブラックバスを追い求めてます。現在はルアーメーカーと琵琶湖ガイドサービス、また釣り具メーカーのプロモーションスタッフなどをしております。

Koji Hasegawaをフォローする
スポンサーリンク
Koji Hasegawaをフォローする
スポンサーリンク
琵琶湖ガイド長谷川耕司のblog