言語切り替え

YouTubeで紹介したi字系の釣りについての詳細

ジーコのタックルインプレ YouTube

水面炸裂、春バスサーフェイス!【バズベイトでも・・・】

2020年4月4日にYouTubeジーコチャンネルで公開した動画の中で使用しているタックルなどの詳細をお伝えします。

inshot_20200405_0938477955572455314886187557.jpg

ルアーはこちらBOREAS デビルズテール5” カラーは#104パールホワイト。

このカラーは特にi字の動きが良いので私のお気に入りカラーです。

inshot_20200331_055953600-11415851538706997789.jpg

何故カラーで動きが良いのか?

それはパールが入っていることでワームがソフトになるからだと思います。

全色同じ硬さで設定しているのですが、染料の影響か何故かこのカラーだけ少し違った柔らかさが出るのです。

サンプル時に気が付いて、こっそりカラーラインナップに追加しました。

使用しているフックは「DAIWA バザーズワームフックSS WOF #3」です。

DSC_0068

使用タックル

ロッド:DAIWA エアエッジ 741MS・E

リール:DAIWA 15イグジスト2506

ライン:UVFモアザンデュラセンサー×8+si2(8ブレイドPE)0.8号+リーダーフロロ10~12lb

inshot_20200405_1107232193374956125125109552.jpg

ロッドは7.4フィートのミドスト用ロッドです。12ブレイドのPEラインとの相性が悪く、現在は8ブレイドPEでの使用に落ち着いています。

アリヴェール69ダンスと使い分けている感じですが、だわん~とするエアエッジ741MS・Eのがi字の動きが綺麗に出しやすく腕への負担も少ないので長時間での使用はこちらを使うことが多いです。

PEラインとリーダーの結束はFGノットです。リーダーはフロロ12ポンドをメインにしながら、タフな状況は細くしていきます。しかし、カバー周りでは12ポンドで通しています。10ポンドオーバーのロクマルが来る可能性を考えると12ポンドからリーダーの強度を落としたくはないですね。

このi字釣法のシーズンはまだ始まったばかりです。

これから、北湖であればお盆ぐらいまでデカいバスを狙っていける釣りです。

クリアーウォーターでシビアになったバスには非常に強い釣り方です。

シビアになったバスを狙うので、アングラー側もシビアな感覚と意識をもって使用する必要があります。

しかし、特に北湖の場合バスの反応を直接目で確認できるので、「気づき」は多いです。

バスの反応が見れるということは釣らずとして得るものも多くバスフィッシング上達のスピードはこういったクリアーウォーターで培ったほうが早いです。

しかも、「見える」は単純に楽しいですね。

動画内でも何度もチェイスして来ているシーンがありますが、あれは見えからこその反応です。

この釣りを覚えると、他の釣りをする時の感覚が大きく変わりますよ。

是非機会があればお試し頂きたいと思います。

 

☆ボレアスオリジナルアパレルからオリジナルカラー長谷川ピンク各種製品など販売中!
【FLASH POINT ONLINE SHOP】
https://flashpointonlineshop.com/

☆会員募集中!サロンでフィッシング交流を広めましょう!オフ会定期開催中!
【月額制オンラインサロン「BOREASルアー研究所」】
https://www.facebook.com/groups/borea…;

【長谷川耕司Instagram】
https://www.instagram.com/koji_hasega…;

【長谷川耕司Facebook Page】
https://m.facebook.com/hasegawaboreas

 

 

 

 

長谷川耕司
この記事を書いた人

サラリーマンで釣行できる日数に不満を持ち会社を辞める。その後一度も就職することなく23年。ずっとブラックバスを追い求めてます。現在はルアーメーカーと琵琶湖ガイドサービス、また釣り具メーカーのプロモーションスタッフなどをしております。

Koji Hasegawaをフォローする
スポンサーリンク
Koji Hasegawaをフォローする
スポンサーリンク
琵琶湖ガイド長谷川耕司のblog