シャッドテール

研究・思考

バスが釣れる動きとは何か?ブルとブルの間にあるもの。

「自発的なアクション」とは、 ルアーが引っ張られたことによって動いた時の、反動を利用して動いている部分に注目する。 ラインスラッグが抜けた時のアクションのことです。 ブルブルとロッドティップに伝わる感触、そのブルとブルの...
研究・思考

スイムベイトを始めた10年前。

この動画が配信されたのはもう9年も前になる。 当日この手の釣りはあまり知られていなかった。 私はたまたまアメリカにバスフィッシングに行った時にこの釣りに出会った。 「悪魔のスイムベイト」はその昔、...
How-To

【真冬にバスを釣るにどうしたらいいの?】バスプロがお答えします。

はじめに こんにちはこんばんは!ジーコです!今回は真冬にバスを釣るにはどうしたら良いか?という質問がありましたので、これについて答えていきたいと思います。 一月はハイシーズンに比べて、非常にバスが釣りにくい時期です。元...
How-To

悪魔のスイムベイトを作るきっかけ その2

長谷川耕司のnoteより チューブ=中空 バストリックスのパドルミノーの様に手の込んだ製法をまんまコピーしたワームが沢山出回る中、BKスイムベイトはインジェクションタイプ(市場にあるほとんどのワームの生産方式)の量産に...
How-To

春の定番、スイムベイトの使い分け

長谷川耕司のnoteより ジグヘッドタイプのスイムベイトについて スイムベイトのアクションを最大に活かすにはフックのラインアイの角度が90°のものが最も良い。 ボ...
How-To

悪魔のスイムベイトを作るきっかけ その4

長谷川耕司のnote 前回からの続きです! テンスイの廃盤は仕方がないと思った。 テンスイは一般には非常に使いにくいワームだからだ。 基本ジグヘッド、しかも90°ア...
How-To

悪魔のスイムベイトを作るきっかけ その3

長谷川耕司のnoteより 前回からの続きです! 私がスイムベイトの作成を手掛け完成したのがDAIWAから発売された「テンスイ」です。 私にとっての悪魔のスイムベイトから天使のスイ...
スポンサーリンク