長谷川耕司

研究・思考

「これで釣れるの?」から「これで釣ってみたい!」から始まるルアーフィッシング!

「こんなので本当に魚が釣れるの?」 ルアーフィッシングを始めるとき こう思う人は多いのではないでしょうか? 「これで釣ってみたい」と思うところからスタートするのがルアーフィッシングの醍醐味です。 そして実際に釣り場で...
釣行記

【釣り人飯】最高に美味しい一杯のラーメン。

釣り人だけが知っている美味しい食べ物というのはいくつかあるのではないでしょか? 「食は五感で味わうもの」この意味が本当によくわかる食べ物がある。 数百円でどこにでも売っていて、お湯を注ぐだけで味わうことができるカップラー...
釣行記

真冬の琵琶湖は楽しい釣りが待っている。

真冬、奥琵琶湖の雰囲気 Kさんとコラボで湖北オカッパリ釣行。 久しぶりの湖北はやっぱりいいとしみじみ思ってしまうのはここ数十年変わらない ここにしかない空気を感じるのは私だけなのか? ...
スポンサーリンク
YouTube

【タックルPV】英語バージョン&日本語バージョンどっちで楽しむ?

上の二つのユーチューブ動画は、上が「DAIWA Project T JAPAN x USA」チャンネルバージョンで、 下が「Ultimate BASS by DAIWA」チャンネルバージョン。 やっぱり英語バージ...
研究・思考

やり続ける事の大切さを身を持って経験してきたまっつん。

アメリカのバストーナメントB.A.S.Sセントラルオープンサムレイバン戦で優勝した、まっつんことデプスプロスタッフである松下雅幸プロ(以下まっつん)が日本に帰国したので色々と話を聞いてみた。 優勝を決めることになった、決勝戦の...
インプレ

同じ新機能で27,000円以上の価格差!どちらを買うべき?DAIWAのニューベイトリール2機種

最大のキーポイントはこの価格差! スティーズLTD SV TW→メーカー希望本体価格70,000円 ジリオンSV TW   →メーカー希望本体価格42,800円 発売が開始されたDAIWA 「スティーズLTD SV...
インプレ

【ネコリグ専用】何故このロッドを作ったのか?

実はアノストレートよりも先に存在し販売されていたのが「アノストロッド」の異名を持つ「アリヴェールダンス」シリーズ。 何故作ったのか? 今から十数年前に遡る開発秘話。 リスペクトしたのは「DAIWA バトラー クリプトン」 ...
インプレ

【DAIWAニューベイトリール】スティーズLTD&ジリオン SV TW

インプレ

実際にこの同じロッド5本は同時に使わないけどね(笑)

今更の紹介になるんですけどね! でもこのロッド私の超お気に入りなのでYouTube「琵琶湖ガイド長谷川耕司BASSFISHING」にて紹介させて頂きました。 DAIWA STEEZ 721HFB 【WELLESLEY(ウ...
インプレ

【2021DAIWA新製品】今年のベイトリールは「飛び」だけに注目してはいけない。

STEEZ LIMITED SV TW DEBUT!|Ultimate BASS by DAIWA Vol.290 2021年DAIWA新製品ベイトリール、スティーズリミテッドのPVが昨夜公開されました。 新構造のブレーキシステ...
スポンサーリンク