言語切り替え

ワームをジグヘッドに真っ直ぐ刺す方法

ジーコ流ルアーの使い方

ジグヘッドにワームを装着したら曲がってしまった・・・何度やっても真っすぐ付けられない・・・そんな方のお悩みを解消いたします。

ワームが曲がってしまう原因の50%以上はワームを刺してフックを抜く位置の問題です。

フックの長さに合ったフックの抜き位置さえ間違えなければそれだけでほぼうまく行きます。

まず、使用するワームとジグヘッドを装着した状態の位置に重ね合わせてみます。

そして、フックが抜ける位置(画像矢印)この位置をしっかりと覚えます。

私はフックの先端でワームに傷をつけてマークします。

また画像で使用しているアクスイはフックホールとしてアクスイヘッドを使用した時の抜き位置用にホールが付けられているので最初からここを目指してフックを抜けばOKです。

そしてワームのヘッド部からフックを刺していきますが、この時はワームの中心にしっかりとフックポイントを置いて刺していきます。

刺していくときはフックしっかりと固定し、ワーム側を動かしてフックを刺してゆくイメージです。

フックを刺していくときもワームのセンターを通り続けていることを意識してください。

フックポイント(針先)をフックの抜き位置の真下(画像矢印)まで刺します。

真下まで来たらそこから初めてフックポイントはワームのセンターを外れ、フックの抜き位置(マークしたところ)に向かって垂直に抜いてください。

これで完成です!

ワームが真っすぐ着いているだけで釣れそうな気がしてきますね。

ワームが曲がっているとしっかりとしたアクションが出ないので釣果に影響が出ることが多いです。

私も、ワームが曲がっていると感じたらそのまま使わず、まずワームの刺し直しをします。

動画でもこのワームの刺し方を紹介していますので是非ご覧になってみてください。

【簡単シンプル】ジグヘッドにワームを真っすぐ刺す方法。【プロはこうする】
ジグヘッドにワームをセットすると曲がって着いてしまうというお悩みにお答えします。特に曲がりやすいシャッドテールワームを使ってそのやり方を琵琶湖ガイド歴20年以上のプロが教えます。誰でも簡単直ぐにできるので是非参考にしてください。 ブログでも同じ内容を紹介していますので動画わかりにくかった場合はこちらも参考にしてく...

ボレアス「アクスイ5”」 「アクスイヘッド」

長谷川耕司
この記事を書いた人

サラリーマンで釣行できる日数に不満を持ち会社を辞める。その後一度も就職することなく23年。ずっとブラックバスを追い求めてます。現在はルアーメーカーと琵琶湖ガイドサービス、また釣り具メーカーのプロモーションスタッフなどをしております。

Koji Hasegawaをフォローする
スポンサーリンク
Koji Hasegawaをフォローする
スポンサーリンク
琵琶湖ガイド長谷川耕司のblog